受講生の声


阿部 勝利(帯広市)

株式会社e-style

代表取締役

不動産実務検定というものがあると知ったときは、すぐにチャレンジしなければ!と思いました。
その理由は大きく2つに分けられます。
1つ目は、知識をインプットするため。
大家として必要な知識というものを、今の自分がどれほど持っているのかを確認し、今まで知りえなかった情報は、しっかりと頭にインプットしていかなければ、今後の大家業の継続は大変厳しいものになっていくだろうと感じていたからです。
そして2つ目は、かけがえのない仲間をつくるため。
同じような夢、あるいは悩みを持つ大家仲間が近くにいてくれたら、こんなに心強いことはないと思うからです。互いの情報交換の中で新しい発想を生み出す事もできますし、難しい問題に当たってしまったときには相談相手にもなってくれることでしょう。
私は、不動産実務検定の2級からチャレンジし、その後に1級、そしてマスターまで挑戦しました。結果、想像以上の知識と、素晴らしい先輩そして仲間を手に入れることが出来ました。知識を得たい、仲間が欲しい、いや両方とも欲しい!と思う大家さんは、是非ともチャレンジしてみることをお勧めいたします。




山岸 加奈(札幌市)

K企画合同会社

代表社員


受講したきっかけは、実家所有の築古物件を大規模に修繕したけれど、14部屋中4部屋空室、入居希望者がいない状況だったからです。

そこで2013年に不動産実務検定2級を受講し、先生方に空室対策のアドバイスを頂きました。実家の物件で素直に試したところ、本当に効果がありました!!3ヶ月後には見事成約です。

本当に、先生方や先輩大家さんには感謝です。

「いったい・・・・どのような考えを持つことで賃貸経営が円滑できるのか?」と興味を持ち、その後に1級、2014年にはマスターまでチャレンジしました。

現在、リフォーム業者さんに依頼する部分とセルフリフォームできる部分の分離発注、ドレスアップした物件の写真撮影やネット掲載の仕方等、実践しています。

全国の先輩大家さんに出会い、いろんな刺激を受けています。ネットワークやコミュニケーションの場が全国各地にあります。北海道は意欲的な大家さんが多いので、ぜひ勉強会や2級講座に参加してみてください。