不動産実務検定 日本初、賃貸不動産投資専門の資格です!
青空の背景に建ち並ぶ都心のビルの風景 不動産投資のイメージ
     · 

    認定勉強会 第77回北海道大家塾 開催

    第77回北海道大家塾のご案内

    二代目大家として親から物件を引継ぐ苦労と奮闘、築古物件のトラブル・再生とリフォーム、そして築41年の物件を満室にし続ける『よねちゃん流』のノウハウを徹底解説!!

    メインゲストでは『二代目大家よねちゃんの築古でも満室経営できるノウハウを大公開!』と題して、「二代目大家塾®」塾長、そして北海道大家塾の大家女子クラブ キャプテンでもある株式会社グラウンドワーク 代表取締役 米生 啓子 氏にご登壇いただきます。


    米生さんのご登壇はナント10年振りです!!

     

    父親が経営していた、築31年のRCファミリー物件を相続対策のひとつとして、法人で購入した二代目大家さんです。


    購入した物件は、空室に騒音・滞納などトラブルのオンパレードで、普通の大家さんならメゲてしまうところを、わからないところは勉強して即実践して解決!

     

    そんな一生懸命さに周りの人はどんどん引き込まれ、トラブルを解決するたびに仲間が増え、力と存在感を増していきました。


    現在は、J-REC北海道支部の講師として、また北海道大家塾 大家女子クラブのキャプテンとして、多くの方にご自分の経験とともに賃貸経営について教鞭を執る側としてご活躍されています。


    今回は、大規模修繕、リフォーム、リノベーション、不良入居者への対応、テナントリテンション(長期入居付け)等々、米生さんが実践してきたことのご紹介と事業承継、相続対策で気をつけなければならないことをお話いただきます。

     

     

    お役立ちセミナーでは『大家さんの満室経営を応援!!高齢者を優良入居者へ変える、大切な3つのポイント』と題して居住支援法人の株式会社ラポール 代表取締役 渡邊 博行 氏にご登壇いただきます。


    北海道大家塾のサポートパートナーでもある株式会社ラポールさんは、札幌で60歳以上の方に賃貸物件を仲介する、高齢者のお部屋探し専門店です。


    高齢の入居者は、受け入れたい気持ちがあっても、そのリスクの高さから大家さんは入居を断りがちです。しかし、そのリスクが最小化されれば、大家さんにとって高齢の入居者は「長期優良入居者」となり、満室に繋がるチャンスとなります。

     

    今回は株式会社ラポールさんの事例をもとに、高齢者を優良な入居者として考えていただけるよう「高齢者の入居における大切な3つのポイント」についてお伝えいただきます。


    これを聞けば、満室経営に一歩近づくこと間違いなしです!!

      

     

    今回の北海道大家塾は、ウラケン不動産【浦田健公式】 と 一般財団法人 日本不動産コミュニティー(J-REC)の認定勉強会です。 

     

    それでは、皆さんのご参加をお待ちしています!!

      

     

    日 時:2023年11月26日(土)14:00-18:30

    会 場:北海道建設会館 9階 大ホール

        札幌市中央区北4条西3丁目1番地

    定 員:会場定員 100名 / WEB定員 200名 

     

    勉強会詳細はこちら

     

    コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
      まだコメントはありません。