第10回不動産実務検定1級開催

第10期北海道支部の不動産実務検定1級講座を5月30日土曜日に開催しました。多くの方に不動産投資の知識を習得してほしいですね。ここからマスターに進む方も参加していました。

1時間目、2時間目は山岸講師担当、3時間目は米生、その後3科目は原田支部長です。

2日目の担当講師は、三森講師、左京講師、大川講師と米生講師です。原田支部長は講座はありませんが、総合責任者として講座を見守り、ナイスアドバイスをしてくれます。

懇親会の風景


参加者の声

専門用語がいろいろあって、宅建の勉強で覚えたはずの事柄を結構忘れていることに改めて気が付きました。

鑑定評価など、実務では自分だけでは対応が難しいとは思いますが、少しずつ勉強していきたいと思います。この講座はそのキッカケづくりとして役に立つと思います。

前段は宅建で勉強した部分の復習になって知識の再確認という点で良かったです。競売に関しては個人的には、その機会は無いとは思いますが、実例などいろいろと興味深かったです。

次々年度から消費税課税業者になるのですが、消費税の仕組みは、本当に難しく、テキスト、配布資料を参考にさせていただこうと思います。


札幌市 N.Tさん


学習項目がどれも必要なものばかりで、まさに実務に則していて素晴らしいと思います。また最新の情報に対応しており、安心してテキストを繰り返して読むモチベーションが湧いてきます後のフォロー体制も大変いいと思います。


札幌市 池ヶ谷 昌之 さん


中身がすごく濃いので、頭に入りきらなかったですが、これからの不動産経営に必要な事ばかりでした。

皆様のパワーや知恵をもらい、自分自身も成長させていきます。

調査の重要性がすごく理解出来ました。


札幌市 前野 了宏 さん


この講座を受けてから、アパートを買えば良かったと思いました。

次に買うときには、前回の過ちを反省し、より良い物件を買いたいと思っています。

 

旭川市 T.T さん


コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。