マスター認定講座(札幌会場)

2017年度 受付中

J-RECの不動産実務検定®は、「いつでも」「どこでも」「誰でも」生きた不動産の知識を学ぶことができる日本初の講座です。現在、全国40箇所以上の都道府県にて講座を開催し、大家さんをはじめ建築・不動産業者様にも受講いただいています。

北海道では札幌を中心として、帯広、旭川での講座が開催されています。

 

あなたも不動産実務検定®の公認インストラクターになりませんか?

もちろん、既に支部がある地域でも新たにインストラクターになることは可能です。

 

J-RECの不動産実務検定制度(旧名称:大家検定®)は、全国統一カリキュラムによって、不動産に関わる人なら誰もが、気軽にいつでも、どこでも、不動産に必要な実務知識を学ぶことができる画期的な仕組みです。

 

マスター認定者になり所定の審査を経て支部およびSG認定を受けることができるほか、「J-REC公認不動産コンサルタント」と称することができ、地域のインストラクターとして不動産実務検定講座を開催したり、各地の大家塾の開催等広く活躍することができます。

 

北海道支部【3大特典】

 

【特典その1】北海道支部SGになると

       支部専用のgoogleドライブ等のクラウド利用ができます。

 

【特典その2】北海道支部SGになると

       北海道大家塾などでお話できるチャンスが与えられます。

 

【特典その3】不動産のプロ(J-REC講師)との懇親会

       (※実費をご負担いただきます)

※受講資格

 

【既に1級かつ2級の認定を受けている方のみ】

 

お申し込みは2017年6月15日(木)までとなります。

 

▼「頑張って資格をとったのに・・・」

 

不動産に関する資格は宅建、建築士、FP資格、さらには不動産コンサルティング系の資格まで、実にさまざまあります。

 

あなたもすでに宅建などの資格をお持ちかもしれません。

しかし、そこで得た知識は実際のビジネスに活かせていますか?

 

参加費だけで数十万、数百万円もする講座がありますが、そこで得られる知識が本当に実践で活かせる内容なのかどうかは、はなはだ疑問です。

 

なぜなら、不動産は自らが実践をしていないとわからないことが多く、理論だけを知っていても、実際には役に立たないことが多いからです。

 

実際のビジネスに活かすためには、現場で役に立つ知識・ノウハウを身につけること、さらにその知識・ノウハウを人に教えるためのコンサル手法が必要になります。

 

▼相談できる人を探している大家さんが増えています

 

「空室が長い間、続いている」、「思っていた以上に手元にお金が残らない」など、賃貸経営に悩んでいる大家さんが増えています。そして、大家さんは次のようなことを知りたいと考えています。

 

  • なかなか入居者が決まらない、具体的な空室対策を知りたい。
  • 滞納トラブルを改善できる具体的な対策法を知りたい。
  • コストをかけないリフォーム手法を学びたい。
  • 賃貸経営にまつわる基本的な法律を学びたい。
  • 賃貸管理の運営ノウハウを学びたい。
  • 基本的な税金対策の手法について学びたい。
  • 不動産投資の基礎を学びたい。
  • ゼロから大家さんになる具体的な方法を学びたい。
  • 不動産投資の基礎から応用まで体系的な知識を学びたい。
  • 不動産投資のファイナンスに関して具体的な知識を学びたい。
  • 不動産調査の具体的手法を学びたい。
  • 競売、借地取引に関する具体的な知識を学びたい。
  • 建築に関する基礎的な知識を身につけたい。
  • 具体的な税金対策の手法について学びたい。

 

▼「賃貸経営のプロ】の実践ノウハウをマスター! 

当講座では、机上ではなく、みずからも実践している「不動産のプロ」の実践知識・ノウハウを学ぶことができます。

あなたが、この講座を通じてマスターできるノウハウの一例をご紹介します。

 

■賃貸市場の流れトレンド・投資スタイルの導き出し方をマスターできる

■取引の基本になる不動産関連法規をマスターできる

■不動産特有の税務の理解と各種税金対策手法をマスターできる

■ローンの借り方、返し方、有利な条件で借りるための融資交渉術をマスターできる

■各種リスク対応、リフォーム等、安定経営に必要な管理実務ノウハウをマスターできる

■物件情報の集め方と吟味の方法をマスターできる

■築年数別の利回り判定方法をマスターできる

■物件調査の仕方、地域環境調査のポイントをマスターできる

■高確率で交渉がまとまる買付の仕方、交渉術をマスターできる

■高条件で融資を受けるためのローンの申し込み方法、借り方、返し方をマスターできる

■購入希望物件を買うためのファイナンスをマスターできる

 

これらの知識・ノウハウは不動産のプロが、長い時間をかけて、汗水を流しながら習得したものです。

 

当講座を受講すると、あなたはプロの実践知識・ノウハウを、まるごと身につけることができるのです!

 

さらに、ワークショップでは不動産の企画書を作成します。

ここでマスターできる知識は新築を建てる場合相続に関わる場合にも活用することができます。


 

▼J-REC公認インストラクターになると、何ができるようになるのか?

 

マスター認定者になり所定の審査を経て支部およびSG認定を受けることができるほか、「J-REC公認不動産コンサルタント」と称することができ、地域のインストラクターとして活躍することができます。

 

当講座で実践知識・ノウハウをマスターし、あなたの新たなビジネスチャンスにつなげてください。

J-REC公認インストラクターになると具体的に次のことができるようになります。

 

1.J-REC公認の不動産実務検定認定講座を開催することができます

 

講座には受講者のレベルに応じて3段階(2級、1級、マスター)の講座があります。この講座を指定教材に沿って開催することができます。既に顧客がいる不動産業者の方、セミナー講師としてご活躍の方、メールマガジンやブログ等で見込客がいらっしゃる方にとっては、とても集客しやすい講座です。

また、独立開業される方や、他社との差別化をはかりたいという方にとっては、不動産実務検定のブランドにより一気に地域ナンバーワンの信頼を獲得することもできるでしょう。

ただの「業者さん」「大家さんから」大きな信頼というブランドを持つことができます。

なお受講料の3~6割がマスターの収入となり本業以外の副収入を得ることができます。

 

2.能力に応じ各種企業のセミナー講師としてデビューするチャンス

 

現在、J-REC講師の認知度は高く、ハウスメーカー、建設会社、電力会社、ガス会社、不動産関連団体からの講師依頼が寄せられています。本部としては、紹介依頼があった場合、自信をもってインストラクターを紹介していきます。

 

3.公認コンテンツ書籍化にあたって執筆への参画チャンス

 

当財団は各出版社と太いパイプがありますので開発したコンテンツ(公認テキスト等)は、随時、書籍化していきます。このコンテンツ開発等に携わった方は、共著者として書籍に名前が掲載され、よりあなたのブランディング価値が高まります。また、出版等を目指す講師へは企画アドバイス、出版社の紹介も行っています。

 

4.各種委員会への参画チャンス

 

今後起こるであろう、賃貸経営に関する問題、不動産取引の問題、外国人や高齢者、障害者入居問題に関し、その問題解決を政府に対して積極的に具申をしていくための研究委員会を発足します。このような社会的意義の深い活動に関わることにより、この活動に携わる方は、日常生活では絶対にあり得ない人脈を築くことができるでしょう。

 

※J-REC公認インストラクターは顧客の紹介等を含む営業サポートはありません。

 

▼各講座の内容について

 

2級講座で学べること

賃貸管理運営に関する知識・技能を学びます。

2級講座では、大家さんにとって永遠の課題である空室対策だけでなく、税金問題、入居者トラブルの問題、外国人や高齢者入居のノウハウ、また目をそむけたくなる入居者の死の問題までカバーしています。

しかも、賃貸経営実務が全くの素人の方でも、運営上必ず必要になる知識やノウハウが体系的に網羅されているため、ゼロからプロのレベルまで一貫して学べるようになっています。

1級講座で学べること

不動産投資戦略、調査、事業収支計画の策定、競売実務、

またこれに関連する建築知識、民法、税務、ファイナンスの知識を習得する。

1級講座では、不動産投資の初心者でも、一から何をどうすればいいのか、プロの行動パターンを分かりやすく体系的に学ぶことができます。

不動産投資の手法には様々なものがありますが、具体的な投資ノウハウをマスターすることができるだけでなく、それぞれのメリット、デメリットをすべて理解できるので、どの投資手法があなたに一番合っているのかを選択することができるようになります。

 

マスター講座で学べること

不動産運用設計、土地活用、建築プランニング、建築施工管理、相続 対策に

関連する資産分析、及び対策に関する専門知識を習得する。

 

マスターを取得すると、1級、2級の知識に加えて、さらに、このようなこともできるようになります!

  1.不動産コンサルティング能力が身につきます。

土地活用、賃貸経営、不動産投資のプロフェッショナルとして、ご自分の資産運用はもちろん、コンサルタントとして、大家さんや地主さんの相談に応えることができるようになります。

 

 2.SG(スタディーグループ)を作り認定講座・検定対策講座を開催できます。

各種講座の募集や開催を通して、賃貸経営を向上したい大家さんや地主さんの仲間が増えるようになります。

 

 3.各種フェア、各種企業・団体での講演活動の機会が増えます。

体系的な知識を持つプロフェッショナルとして、各種企業のセミナー講師の依頼に応じて、ご紹介します。

 

 

ワークショップでは、グループで議論をしながら、不動産の企画書を作成します。

その後、あなたオリジナルの企画書を作成してください。

 

不動産のプロから、修正すべき点を含めたアドバイスを受けることが出来るので、認定後、あなたは、不動産の企画書を自分で作れるようになります。


 

▼受講対象者

 

「マスター認定講座」の対象者は例えば次のような方です。

 

●金融機関にお勤めの方や士業(税理士など)関係の方

●不動産の売買や管理、建築など、不動産業の方

●既に大家さんとして安定的な収益を得ている方

●これから不動産投資をスタートされる予定の方

●J-REC公認のインストラクターとして活躍したい方

資格認定後には、次のようなメリットがあります。

 

●「J-REC公認 不動産コンサルタント」として活動ができる

⇒マスター認定者になり所定の審査を経た後、「J-REC公認 不動産コンサルタント」と称することができます。

 

●金融機関にお勤めの方や士業(税理士など)関係の方

⇒不動産に関する実践的な知識が身につくので、相談の幅が広がります。

 

●不動産の売買や管理、建築など、不動産業の方

⇒実務に役に立つのはもちろん、身につけた知識を社内の教育に活用することができます。

 

●既に大家さんとして安定的な収益を得ている方

⇒後輩大家さんへ賃貸経営ノウハウを伝えていくステージに立つことができます。

 

●これから不動産投資をスタートされる予定の方

⇒最短距離で実践知識・ノウハウを身につけることができるので、安心して不動産投資をスタートすることができます。

 

●J-REC公認のインストラクターとして活躍したい方

⇒マスター認定者になり所定の審査を経た後、SG(スタディーグループ)を作り、認定講座・検定対策講座を開催することができます。

 

 

 

▼開催概要

 

第1回

6月24日(土)~6月25日(日)

(10:00-19:00)

【講習】

ガイダンス

借地、土地区画整理

税務①、②

企画コンサル①~③

提案書実技のポイント解説

提案書実技のポイント解説

建築①~④

信託・成年後見 信託

リバースモーゲージ

講演実技のポイント解説

 第2回

 8月5日(土)

(13:00-18:00)

【ワークショップ】

ワークショップの解説

チャートの作成(個人・グループ)

思考のプロセス

企画書の作成(グループワーク)

発表

総括・個人課題の作成について

定   員: 9名(札幌会場)
費   用: 216,840 円(テキスト代、テキスト送料、税込)

  詳しくは事務局までお問い合わせください。

 

第1回 

会   場:カタオカビル 5C

住   所:札幌市中央区南2条西3丁目13-4

 

第2回 

会   場:かでる27

住   所:札幌市中央区北2条西7丁目

  

講   師:原田哲也、米生啓子、宮森康文、大川篤志

北海道支部【3大特典】

 

【特典その1】北海道支部SGになると

       支部専用のgoogleドライブ等のクラウド利用ができます。

 

【特典その2】北海道支部SGになると

       北海道大家塾などでお話できるチャンスが与えられます。

 

【特典その3】不動産のプロ(J-REC講師)との懇親会

       (※実費をご負担いただきます)

 

▼マスター認定講座の内容及び費用について

 

認定プロセス

 マスター認定者になるためには、この研修を受けていただいた後、2級かつ1級の学科試験、及びマスター提案書作成課題と講演実技審査があります。 (1級かつ2級認定者は提案書課題と講演実技審査のみ)

 

主な内容:

  • 2級、1級の試験合格(お近くの試験会場で都合のよい日時に受験していただきます)
  • 資産分析提案書課題の審査
  • 講演実技審査(約30分の模擬講演をしていただき審査いたします)

 

*合格者には別途J-REC入会金、認定料、年会費がかかります。

*マスター認定審査時には、別途審査料1万円(+税)及び会場までの交通費等をご負担いただきます。

*マスター認定されなかった場合にも、研修費用及び審査料の返金はないことを予めご了承ください。

*マスター講座を修了しても2級、1級の学科試験の免除はないことを予めご了承ください。

 

▼実際のビジネスとしてはどうなのか?

 

どんな資格でもそうですが、結局、苦労して取得しても、収入に直結しなければ意味がありません。そこで公認インストラクターになることで、どのようにあなたのビジネスに直結するのかを説明します。


1.お客様との継続的なつながり


あなたが建築、不動産業を営まれている方なら、既存客への継続フォロー、新規顧客獲得につながります。講座の内容は、事業主であるお客様が本当に知りたい内容にフォーカスしていますので、よりあなたのビジネスの信頼度は高まるでしょう。


また、スクールという形で定期開催することにより、自然にあなたの元にお客様が集う仕組みを構築できますので、お客様が必要な時に、あなたのサービスを求めるようになります。


2.大家さんは講師として次なるステージへ


あなたが既に成功されている大家さんなら、今度は後輩大家さんへ賃貸経営ノウハウを伝えていくステージに立つことができます。

初めて教壇に立つ方でも、認定講座には統一カリキュラムがありますので、認定インストラクターになれば即スクールを立ち上げることができます。2級認定講座は6回開催で3万円(税別)ですが、たとえば20人集客の場合、会場費やその他の間接経費を除き20万円は得られると試算しております。しかし、そうはいってもビジネスですから、見込が大きく崩れるリスクがあることをご承知ください。


3.集客は自主努力が前提となります


どんな事業でも同じですが、資格を取ったからといって収入が保証されるわけではありません。今後、不動産の実務知識ニーズが高まるといっても、最初は集客に苦労されることと思います。

そこで、本部としては、メルマガ、HP等での告知によって、認定インストラクターの講座へ集客のお手伝いをいたします。また、新聞、雑誌等各種メディアへのパブリシティー活動も行っていきます。

しかし、これは集客数を保証するものではなく、あくまでも集客は自主努力であることをご理解いただきたいと思います。

 

ただし、不動産業のように既に顧客データベースをお持ちの方、メルマガ、ブログ等でコミュニティーをお持ちの方にとっては即、収入アップのチャンスとなるはずです。

 

マスター認定講座 北海道で活躍している先輩の声

 

阿部 勝利さん

帯広市在住

道東大家塾主催

株式会社e-style

代表取締役

不動産実務検定というものがあると知ったときは、すぐにチャレンジしなければ!と思いました。

その理由は大きく2つに分けられます。

1つ目は、知識をインプットするため。

大家として必要な知識というものを、今の自分がどれほど持っているのかを確認し、今まで知りえなかった情報は、しっかりと頭にインプットしていかなければ、今後の大家業の継続は大変厳しいものになっていくだろうと感じていたからです。

そして2つ目は、かけがえのない仲間をつくるため。

同じような夢、あるいは悩みを持つ大家仲間が近くにいてくれたら、こんなに心強いことはないと思うからです。互いの情報交換の中で新しい発想を生み出す事もできますし、難しい問題に当たってしまったときには相談相手にもなってくれることでしょう。

私は、不動産実務検定の2級からチャレンジし、その後に1級、そしてマスターまで挑戦しました。結果、想像以上の知識と、素晴らしい先輩そして仲間を手に入れることが出来ました。知識を得たい、仲間が欲しい、いや両方とも欲しい!と思う大家さんは、是非ともチャレンジしてみることをお勧めいたします。

 


 

米生啓子さん

札幌市在住

二代目大家塾主催

株式会社グラウンドワーク

代表取締役

マスター認定講座受講の以前に不動産実務検定の2級、1級を受講しました。

そこで学んだことを父の空室だらけの築古物件で試してみたところ、なんと満室になったんです!

そのような中で、実は多くの不動産が父の個人所有であり、相続対策を検討していたところ、北海道支部長の原田講師にマスター認定講座をすすめられたのがきっかけです。 

また相続対策する上での不動産知識、税務、分割の重要性を学ぶことができて本当によかったと思いました。

一つの土地を活用するには、さまざまな方法を総合的にプランニングすることが重要なのですが、その為のノウハウを学ぶことができました。

 

今後ますます賃貸経営を取り巻く環境は厳しくなり、賃貸経営者の高齢化や事業承継の問題が多くなってくると思います。

それを解決し、よりよい賃貸経営をする為には知識と信頼できる仲間が必要です。

 


 

▼単に収益増ではなく、共に社会を変える!という志の高い方を待っています

 

今後、不動産業界の将来を予測すると、もはや個人的損得ではなく社会全体の将来を見据えた活動が不可欠となっています。


たとえば、空室問題がいずれ大きな社会問題になることがわかっていれば、今後増えるであろう、高齢者や外国人、障害者入居などへの対応を積極的に研究していく必要があります。そして、不動産業者だけでなく、大家さん自身のレベルも底上げし、お互いがお互いのお客様である入居者のことを真剣に考え抜いて経営を行う。そんな環境をつくらなければ、この業界自体が衰退してしまう恐れすらあると思うのです。


ですから、儲けることにだけ興味がある方のご参加はご遠慮願います。

単に収入アップだけが目的ではなく、不動産業界全体を良くしていきたい、一緒にそのような活動に取り組んでみたいという方なら大歓迎です。


今後、経済的豊かさを手に入れた人たちが、社会貢献に目を向けるのは自然の流れになっていくことでしょう。

是非、私たちと一緒に社会的意義のある活動をしていきましょう。

あなたのご参加を心よりお待ちしております。