札幌開催の不動産実務検定2級~無料お試し講座~

北海道支部では今まで不動産実務検定に参加したことのない方に向けて

一度だけ無料で講座に1時間だけお試し参加できる制度を開始しました。


是非気になる方はご参加下さいね♪

下記日程にて、不動産実務検定2級の無料お試し講座を開催いたします。

参加は下記講座のうち、1回のみ参加が可能です。  
 

●参加 費用: 無料
●年   齢:中学生以上
●受付締切日:各講座の開催5日前

 

※これから開催予定の2級講座のスケジュールはこちらです。

日付 受講講座 開催場所 受付可能

2017年12月02日(土)/12月09日(土)

2級認定講座 札幌 受付中

2017年11月19日(日)/12月03日(日)

2級認定講座 帯広

受付中

2017年09月30日(土)/10月07日(土)

2級認定講座 札幌 終了

2017年09月12日(火)/09月19日(火)

             平日コース

2級認定講座 札幌 終了

2017年06月03日(土)/06月10日(土)

2級認定講座 札幌 終了

2017年05月28日(日)/06月04日(日)

2級認定講座 帯広 終了

2017年04月18日(火)/04月25日(火)

             平日コース

2級認定講座 札幌 終了

2017年02月18日(土)/02月25日(土)

2級認定講座 札幌 終了
受講するかどうか迷っていた方は、チャンスです。ほんの一部ですが、不動産実務検定を受講することが可能です。ぜひこの機会を、お見逃しなく。
お申込みは、上記「受付中」をクリックし、お申込みフォームからお願いします。

第1日目

5時間目. 15:00~16:00 ファイナンス

ここでは、

・お金の借り方

・金融機関との付き合い方

不動産のファイナンスに関する実務知識について勉強します。

 

固定金利や変動金利といった金利の種類はもちろん、元利均等返済や元金均等返済といったローン返済の違いについてもこの時間でマスターしていただきます。

 

不動産投資で成功する人と失敗する人を明確に分けてしまう非常に重要な部分でもあります。

 

また、ファイナンスが理解できているかできていないかで、不動産物件を増やしていけるかどうかが決まってしまいます。 

 

1.不動産のファイナンス

 ①金融機関の種類と特徴

 ②融資の種類

 ③融資可能になる条件

 ④元利均等返済方式と元金均等返済方式

 ⑤変動金利と固定金利

 

第2日目

7時間目. 10:00~11:00 管理実務(満室経営2)

ここでは、

・入居募集の依頼方法

・契約の仕方

満室経営維持に必要な管理実務知識について勉強します。

 

 

 それぞれの募集方法のメリット・デメリットを理解した上で募集依頼することが大切です。

 

 

 

1.満室経営のための管理実務

 ⑥早期満室にするための物件情報公開戦略

 ⑦早期満室にするためのクロージング戦略

 ⑧家賃アップの方法

 ⑨テナント リテンションの追求

 ⑩その他収益アップの手法

 


【注意事項】

最終的な参加可能の可否は、担当者にて申込み状況を確認後、3営業日以内に改めてメールでお知らせいたます。
同行者がいる場合でも、お一人ずつお申込みください。
 備考欄に同行者のお名前を記載されても、参加申し込みとはなりません。
参加は、中学生以上の方に限らせていただきます。
お申込みフォーム入力完了後、確認メールが自動的に送信されますので、ご確認ください。もし届いていない場合は、迷惑メールフォルダーなどもご確認ください。

開催場所

 

詳しくは講座スケジュールをご覧ください。

 

通常はこちらの会場で実施しています。 

札幌北口カンファレンスプラザ A2
札幌市北区北9条西2丁目12-1 SANKO札幌駅前ビル 5階

お試し講座に参加された方の声

●不動産実務検定事務局への質問・ご要望はこちらへ

今日のような試しのセミナー参加日があると、講座内容等が具体的にわかり有り難いと思いました。

男女・年令関係なく、不動産物件オーナーの経験者の生の声や具体的な経験談を多く聞けることができれば、セミナー参加したい気持ちになりやすいと思います。

(例えば、立ち上げの苦労話など、苦労をどう工夫したのかと)

具体的な体験談が聞けたので、とても励みになり、集中して参加できました。

ありがとうございます。

札幌市 Tさん

家賃アップの方テナントリテンションの追求は、自分は考えたことがなく、びっくりです。他の方法にも興味がありますので、スケジュールが合えば、参加したいと思います。

札幌市 Aさん

自分の不動産物件を将来において、どのように運営していきたのか、それによって、何を選択していくべきなのかを、知る事、学ぶ事が大切であり、取り組んでいきたいと思いました。

札幌市 Iさん